忍者ブログ
シャキール・オニール応援ブログです
ADMIN | WRITE| RESPONSE
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【NBA】ヒート、シャック不在もソニックスに勝利
2006年11月8日(水) 15時55分 ISM

 現地時間7日、左ヒザを痛めているシャキール・オニールを欠くマイアミ・ヒートが、本拠地アメリカン・エアラインズ・アリーナでシアトル・スーパーソニックスと対戦。試合終了間際にジェームス・ポージーが逆転の3ポイントシュートを決め、90対87で勝利を収めた。

 試合残り53秒にドウェイン・ウェイドが3ポイントシュートを決めて85-86の1点差としたヒートは、2点差となって迎えた残り19秒にウェイドからパスを受けたポージーが長距離砲をヒットし、逆転に成功。値千金の1本を沈めたポージーは「シュートが決まる瞬間はいつだっていいものだ。特にここぞというときに決まるとね」と喜びを語った。

 これで今季2勝2敗となったヒートは、ウェイドがシーズンハイの31得点、オニールの代役として先発したアロンゾ・モーニングは13得点、6リバウンド、4ブロックの活躍を見せている。

 一方のソニックスは、ラシャード・ルイスが23得点、レイ・アレンは18得点を獲得。これで今季の成績は1勝3敗となった。敗れた3試合はすべて試合終盤での逆転負け。これにはボブ・ヒルHCも「まるで勝つことを恐れているかのようだ」と頭を抱えている。
PR
NBA=王者ヒートがシクサーズに敗北
2006年11月6日(月) 18時48分 ロイター



 [ヒューストン 5日 ロイター] 米プロバスケットボール協会(NBA)は5日、各地で5試合を行い、昨季王者のヒートはセブンティシクサーズに98―107で敗れた。
 ヒートは開幕1勝2敗。シクサーズはアイバーソンが31得点と活躍し、開幕3連勝を飾った。
 レイカーズは101―117でスーパーソニックに敗れ、今季初黒星を喫した。
 ホーネッツは96―90でロケッツを下し、開幕3連勝。
このほか、スパーズはダンカンの26得点の活躍で、ラプターズに103―94の勝利。ホークスはマジックを95―82で下した。
【NBA】昨季王者のヒート、ネッツを下し今季初白星
2006年11月4日(土) 17時57分 ISM

 現地時間3日、昨季のNBAファイナル王者マイアミ・ヒートが本拠地アメリカン・エアラインズ・アリーナでニュージャージー・ネッツと対戦。シャキール・オニール、ドウェイン・ウェイドらの活躍により、91対85で今季初勝利を収めた。

 10月31日に行われたシカゴ・ブルズとの開幕戦で42点差の大敗を喫したヒート。同試合でわずか7得点に終わったオニールは、この日は21得点、9リバウンドといつも通りの働き。またエースのウェイドも17得点と勝利に貢献した。

 大敗のショックを乗り越えての勝利に、オニールは「何か悪いことが起きれば、それを糧に成長するだけさ」とコメント。またウェイドは「思うようにプレーできなかったけど、我々はそういった状況に対応できるチームなんだ」と話している。

 敗れたネッツは、ビンス・カーターが27得点、センターのネナド・カースティッチは20得点を記録。しかし、チーム第2のスコアラー、リチャード・ジェファーソンが15本中11本のシュートを外して11得点に終わった上、開幕戦でトリプルダブルを記録した司令塔のジェイソン・キッドも9得点、3アシストと不発だった。

シャック、いいこと言ったぁー
すげぇ、あのままで終わることはないと思ってましたよー
歴史的大敗から優勝なんていったら、かっこいいぞぉーーー
うぉおおおおおお!
【NBA】王者ヒート屈辱! 開幕戦でブルズに大敗
2006年11月1日(水) 19時3分 ISM

 現地時間10月31日、NBAの2006-07シーズンが開幕。昨季王者のマイアミ・ヒートは、本拠地アメリカン・エアラインズ・アリーナでシカゴ・ブルズと対戦し66対108で大敗した。ブルズディフェンスの前に攻撃陣が崩壊。ディフェンディング・チャンピオンの開幕戦としては、リーグ史上最悪の敗戦を喫した。

 この日のヒートに、王者らしさは全く無かった。出足から波に乗れず、エースのドウェイン・ウェイド、シャキール・オニールが、第1Qだけでそれぞれ2つのファウルを犯すなど、9ファウル、7ターンオーバーを喫し16-22でこのQを終了。第2Qでは、ブルズにインサイドを支配され、前半残り7分39秒で21-38と大量リードを許した。後半になっても、点差は開くばかりで、終わってみれば42点差をつけられる体たらく。地元ファンの前で不甲斐ないプレーを見せた。

 昨季王者がこれほどの負け方をするのは、リーグ史上初めて。1982-83シーズンの開幕戦でロサンゼルス・レイカーズがゴールデンステート・ウォリアーズに117対132で破れているが、ヒートはこの記録を大きく塗り替えてしまった。

 白星スタートのブルズは、オフシーズンに守りの要として獲得したベン・ウォレスがインサイドを支配。6本のオフェンスリバウンドを含む11本のリバウンドを獲りゴール下を圧倒した。攻めてもカーク・ハインリックが26得点、クリス・デュホンが20得点を奪取。ベンチ入り12人全員が10分以上プレーするなど、最高のシーズンスタートとなった。

録画に失敗しました。でも、でもね、こんな内容だったら、それでもよかったかなって思えるんですわ。
ベンの存在は、デカイねぇー
【NBA】スパーズ、ヒートを下しプレシーズン“初勝利”
2006年10月22日(日) 14時57分 ISM

 現地時間21日、サンアントニオ・スパーズは本拠地AT&T・センターでマイアミ・ヒートとプレシーズンゲームを行い、103対93で勝利。今プレシーズン、NBAのチームを相手に初勝利を挙げた。

 ヨーロッパ遠征で地元クラブチームとのプレシーズンを2戦全勝で終えたスパーズは、帰国後はオーランド・マジック、シカゴ・ブルズと対戦するも全敗。しかし、この日は17得点を挙げたトニー・パーカー、15得点のブレント・バリーらの活躍で昨季王者のヒートから白星を飾った。

 スパーズは大黒柱のティム・ダンカンがわずか3得点に終わったが、パーカー、バリーに加え、ブルース・ボーエンが12得点、ジャッキー・バトラーも11得点と奮闘。特にバリーは後半だけで13得点を挙げて勝利に貢献した。

 一方のヒートは、シャキール・オニールが24得点、8リバウンド、ドウェイン・ウェイドも23得点をマーク。しかし、チームのシュート成功率が約37%(82本中30本成功)に終わったうえ、3ポイントシュートも19本中2本しか決められず、プレシーズン4敗目(1勝)を喫した。

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright © [ シャッキチ日記 ] All Rights Reserved.
http://crazy4shaq.blog.shinobi.jp/

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
(12/17)
(12/17)
(12/17)
(12/17)
(12/17)
プロフィール
HN:
1-SHOW
年齢:
45
性別:
男性
誕生日:
1974/06/13
職業:
塾講師
趣味:
NBA鑑賞(TVで)
自己紹介:
シャッキチです。NBAでは、シャックを応援しています。
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ | [PR]